1. TOP
  2. トレード手法
  3. 60億稼いだ一億の損の対価に得たマニュアルを公開

60億稼いだ一億の損の対価に得たマニュアルを公開

60億稼いだ一億の損の対価に得たマニュアルを公開

233 ::2010/01/29(金) 12:46:33 ID:zPAJxuit
俺もそうだけど、FXやるのは、みんな少資金の人でしょ?
年に5%や10%の投資なんかやっても仕方無いしな。
博打的なやり方でも何でも、爆発的に増やせるクソ度胸は凄いわ。
そういう部分が無いと、一時的に勝っても、お金なかなか増えないでしょ。

大した額でもないのに、リアルマネーがかかると、恐くてそういうのに乗っていけない。
根本的に俺は相場に向いてないかもしれんとおもた。




234 ::2010/01/29(金) 12:52:34 ID:zPAJxuit
株でも、大相場に乗って億の金稼いだのは、
だいたいそういう人達だよな。
新興全力二階建てみたいな。
相場が変わっても、やり方変えれずに沈んでいった人もいるけど。
一般向けの本なんか出すと、やっぱ責任あるからみんな上辺の綺麗事ばかり言うけどさ。


235 ::2010/01/29(金) 13:07:59 ID:g2FluEqm
相場はきっちりと答えを返してくるもんだ。
爆発的に増やした人は壊滅的に減るときが必ずくるからその準備をしていなければいけない。
できれば勝ち逃げがいいな。

でも、だいたいは負ける準備ができていなくて退場になってしまうんだよな。


237 ::2010/01/29(金) 13:22:05 ID:uFHmVaRO


まともにやってりゃあ普通に勝てる
そのまともにトレード出来ない人間が大半だから負け組みばっか

更に、単純に口座のレバ数ではなく
そいつの資産全てに対するレバ数が高くなればなる程、まともにトレードが出来なくなる

土日以外の365日、24時間永遠にチャンスがあるのに
すぐに損を取り戻そうしたりすると傷口が広がって取り返しのつかない損失を被る

1日単位の損益ではなく週単位以上の長いスパンで考えて利大になるような
トレードを心がける

日によって勝ち易い日と、誰がやっても勝てないような日もある
だから日が変われば流れも大きく変わる

待てずにその日が全てかの如く、そのようなトレードしてる奴は退場
3年以上専業やってる知り合いが何人か居るが、日単位でマイナスなんてざら
日単位の勝率を見たら6割程度、10日中4日がマイナス


238 ::2010/01/29(金) 13:23:27 ID:zPAJxuit
>>235
そういうので、良くうり坊とか挙げられるけど、あの人も100万、200万位から短期間で2億稼いで、結局退場したとか言われるけどさ、
確か途中で1億くらい自分で減資してるんだよ。
だから退場したとはいえ、まだ1億は手元に残ってるはず。
100万から、1000万にして半分やられても、まだ500万。
1000万を1億にして、半分やられてもまだ5000万。
何か、どっかで勝負をかけていくような、そういう部分が無いとダメな気がする・・・。
既に億とか数千万位はあるような人ならいいけどさ。

239 ::2010/01/29(金) 13:27:54 ID:zPAJxuit
>>237
まあ60億稼いだcisでも、
日レベルで13連敗くらいあったしな。
リアルタイムで見てたけど、
蓋を開けてみれば、月単位で見れば結局微負けか、微勝ちくらいには収まってたもんな。
あの勝負強さはすごいと思った。
最後は絶対に勝つっていう、強い自信を持ってるんだろうな。
日レベルで10連敗したら、俺だったら確実に終わりだわ・・。

240 ::2010/01/29(金) 13:39:21 ID:zPAJxuit
てか、良く考えたら、cisも一回2000万くらいの追証くらって退場してるよな。
やっぱ、爆発的に増やしていったときは、そういう取引してたんだろうな。

960 :Trader@Live:2006/04/30(日) 09:50:17.36 ID:qedWIed6
為替初めて5ヶ月で資金6割溶かしたけど大分分かってきました。
一億の損の対価に得たマニュアルを公開します。
まだ成果はでてませんが、為替で初めて脳内ではいけると思える運用法ができました。



①高ボラのときに一かバチかで参戦するのはカモの第一歩
②日足チャートで売買判断するのは金をなくす近道
③大きなトレンドの方向を把握しないと効率悪化
④急変動と値ごろ観で参戦してストップ置くのは狩ってくれというマゾ行為
⑤大きなチャンスは静まったときにあるのは見りゃわかる
⑥ストップ位置間違えると勝てるトレードも台無しじゃ
⑦スワップポジの分散は無意味、トレードの分散も数うちゃ当たるの愚策
⑧逆張り参戦は逆にズルズルいくのが5割、反発が5割。我慢できずに損きったときに反転が7割
⑨損切り位置は幅をもたせる時期、狭めるとき臨機応変に
⑩利食い位置は、一転暴落するまでに利食ったらええに決まってる。