1. TOP
  2. ボリンジャーバンド手法
  3. ボリンジャーバンドの鉄板トレード手法まとめ

ボリンジャーバンドの鉄板トレード手法まとめ

ボリンジャーバンドの鉄板トレード手法まとめ

861 ::2009/12/05(土) 21:45:26 ID:8bIkA+Fc
極論だと思うがおれの見解を述べさせていただく。
一番信用できるのはボリンのミドルつまり21or20。
よく75で止まったとか200で折り返したとかいわれるが
結局他の時間軸のボリンのσやfiboまたは罫線(サポート、レジスタンス)
なんだよ。
だから21、42、84・・ってぐあいにミドルのMAをチャートに張り付ければ
↓抜けしたとか、傾いたとかがわかるじゃないかな
要は多くの投資家が何を最も見ているかが重要だと思うよ。
まあスキャルは知らないけどね




875 ::2009/12/06(日) 14:00:31 ID:EzQnpBVT
MA数本と時間軸とラインだけでいける
MAがしっかり機能してる時間軸を見つける
損切はMA割ったら
一応運もかなりあるのかもしれないけどかなり増えてる
ポジポジしたい人には無理かも

108 ::2009/10/18(日) 18:54:12 ID:KY8Dtyr5
=BB&SMA Scalping Trade=

 BB:期間20 σ2・3両表示
 SMA:期間10
 一目の雲
 EUR/USD
 5分足




①トレンド確認
 ・SMA10~上向き(SMA20が大きく上向きなら多少下向きでもおk)
 ・SMA20ボリバン中央線~上向き
 ・SMA10&20がGC
 ・雲の上にいる
この条件揃ってたらロングの準備

②SMA10で押し目買い~σ2で利確
 逆行⇒SMA20でナンピン(損切りはSMA20から10ぴp程度)

上記のトレンド判断でトレンドなしと判断した場合はσ2で逆張りしてSMA20で利確(損切りはσ3)
ボリバンが狭まってて急に動いたときはσ3まで行くことが多いから様子見もしくはSMA10で利確

ポジション保有中にトレンドが発生もしくは消失した場合も手仕舞い
平均線や雲やボリバンが重ってるとこは強力なサポートなりやすいとか
ボリバンや雲の位置で損切りポイント少し変えたりとか
σ3までいったときはSMA20まで押しやすかったりトレンド終了が多い

マイスクラップより

138 ::2008/11/07(金) 13:41:54 ID:KhBnLV0z
ボリバンと5SMAとトレンドライン
ボリバンはMAと1σと2σとに対するローソクの動き方が重要
特に1σと2σの間で5SMAに沿っていってるときは最強トレンド
5SMAか1σで押し目
トレンドラインは反転するポイントの目安
特にポン円はトレンドライン有効



146 ::2008/11/07(金) 17:13:08 ID:mZpUxf2S
>>138
時間足は?


149 ::2008/11/07(金) 19:54:48 ID:KhBnLV0z
>>146
どれでもいける
だからより短い時間枠はより長い時間枠に拘束される
で、大きいほうから順に見ていってる

典型的なのは-2σ→MA→-1σ→+1σ→-1σ→+2σ
見たいな動きかた
値の動きそうな範囲をボリバンでチェックして
エントリーのタイミングは主に5SMAでが基本って感じ
とくに1σとの関係を注意して見てる

取引前の30分で前のチャートと値動きを見ながらプランを考えます。
ボラの高さを見て大体の幅を予測する。向こう4時間の方向。ボリバン/平均
線には4つのステージがあって:①平均線上横②ボリバン上下線内のうねり
③平均線とボリバン上下線内(どちらか)を動く(切りあがり/下がり)。④ボリバンウォーク(突き抜け)、
これを30分/5分でそれまでの動きを見て、その後30分がどのステージで動くか考える。①は動き出すまで待つ②は両方向(幅があるから)
③は戻りを待って片方向(幅が狭いから)④は小刻みについていく(基本片方向で、逆向きも取る場合は損きりを狭く)
ようするに両方向で行くか、片道でいくか一応考えておきます。
で、当然何が起こるか分からないので修正を余儀なくされるのですが、修正した事を自覚していることが大事かと。
スキャに限らず、相場では自分が今どこに居て、何をしているかorしたいのかが分からなくなることが多いです。
特に含み損を抱えている時。実際に取引が始まると1分足を見ることが多くなります。
準備は30分5分、動き出したら1分を見ます。最近のユロドルは③と④が増えましたね。。


>例えば、もしマーケットが支持線をブレイクして急落した場合、最高のトレードは
最初の戻りで売ることであろう。

本当にそうだと思います。僕はこういう事態に遭遇できた時は倍張ります。
以前書いたピンポイントスキャの一番有効な手だと思います。
この前にLしてたら、急落途中で損きりして、引き付けてから2倍でSします。
始めから幸運にもSしてたら、このタイミングで同じ枚数追加でSします。
ナンピンに関する議論がありましたが、むしろこういうやり方にも
目を向けたほうがいいと思います。



高ボラ時も含めた自分のやり方をまとめておきます。

スキャに近い取引の連続で成り立つデイ。ユロドル(スプとノイズ少)
5分、1分足(30もたまに)、ボリバン順張りとMA+値動きのリズム。
 30分の準備時間中(長足も見る)にトレンドとリズムとボラを掴む。
連続2回の往復ビンタでほぼ一日のLCなので、初めの取引LCなら次エントリまで1時間かかることもある。(こうなるとデイスイングに近い)
エントリーが利食いで終わるなら、戻り利食いにして
ドテンで取引を連続させる。これでスキャになってくる。
(これはケースバイケースなので、デモで練習してみてください)
利益が出ている時はLC→ドテンもあり。これで益々スキャになる。
準備時間中にボラの高さに気づいたら、ハーフ/ダブルにする。
つまり、枚数は半分、損きりと利食い(幅)は倍。勝率、損益Pip数/金額は同じ計算。高ボラノイズ偶発LCが減る。NY時間午後ユロドルだとノイズで25以上一瞬は殆どない。(ポン円スキャはとても不利な戦いに思えます)
ちなみに今週NY時間午後はハーフ/ダブルの必要はなかったです。
エントリーは成り。気分は常に順張り。すぐプラ転しないならLCの準備。
自分のエントリーに固執(過信)しない。相場に寄り添う。

失礼しました。上記、ハーフダブルの場合は、損益Pips数は倍です