1. TOP
  2. トレード手法
  3. プライスアクショントレード全てのトレードはたった4種類

プライスアクショントレード全てのトレードはたった4種類

プライスアクショントレード全てのトレードはたった4種類

138: 投稿日:2015/08/25(火) 20:26:02.39 ID:TYaJHD1N.ne

テクニカルに真理があるんじゃないよ。
高値と安値に真理があるんだよ。
オシレーター、ライン、インジが優れてるわけではない。
チャートを読むってことは高値と安値なんだよ。
どんなテクニカルもファンダも、そこを知らないと使えないし、そもそも単体で使えるものなど相場にはありません。
分からなければ勝てない、知らなければ勝てない。
分かってたら、知ってたら、儲かる手法教えて、テクニカル使えない、ファンダも使えない、そんな言葉は出ませんね。
高値と安値と背景とダウ理論を考えなければ、安定して根拠のあるトレードを繰り返すことはできません。

高値と安値を言及していないブログや自称勝ち組は信用しません。


145: 投稿日:2015/08/25(火) 21:17:09.36 ID:6SSWkzmu.ne

>>138
最近知った高◯さんのブログと言ってる事似てるけど、あそこはぼかしすぎて分かりづらいので他に何処かオススメありますか?書籍でもサイトでも

146: 投稿日:2015/08/25(火) 21:20:10.23 ID:a0EdnMZS.ne

Advertisement

テクニカルに真理があるのではない
高値安値に真理がある・・・

138さん ありがとう

147: 投稿日:2015/08/25(火) 21:53:35.71 ID:G/6WMD9x.ne

高値安値って何?
その日の一番高いのと安いの?
その月の?

148: 投稿日:2015/08/25(火) 22:07:46.85 ID:bNNY8ivY.ne

日足と4時間でしょ

150: 投稿日:2015/08/25(火) 22:31:20.07 ID:G/6WMD9x.ne

市場ごとの高低とは東京市場、ロンドン市場といった地域のことですか?

151: 投稿日:2015/08/25(火) 22:45:57.13 ID:xkXj9P/9.ne

>>150の方
概ねそんな感じです。
市場が変わってもトレンドが続いてるならまだ主要な高安をつけきっていない
ということですし、トレンドが変わってるなら現在の市場は新たに前のトレンドに対して推進か修正方向の高安をつけにいってるということです。

153: 投稿日:2015/08/25(火) 23:36:28.49 ID:xkXj9P/9.ne

簡潔にどうもですw
スキャル、デイ~短期スイングくらいなら1時間足くらいをメインで
5分や1分でやります。
日足のなかで1時間の流れ見て、1時間トレンドのサイズごとに分けて、前のトレンドに対して今のトレンドが短期で推進方向なのか修正方向なのかというところですね。
基準足をひとつ決めて大きく細かく見れると、例えば、1時間基準ならば4時間は見なくてもフォローできます。
見れないと4時間は必須でしょう。
日足以上も更新時は必ず新足見るべき。
短期分足でも同じことです。大きく見れれば15分も30分も見なくてもいい。
ということは、主要な高安見れないと、全部の足は基本的に見たほうがいいのです。

157: 投稿日:2015/08/26(水) 00:09:07.30 ID:h8QvdPEk.ne

>>153
同じ通貨ペアで月足から1分足までを時間ごとにみていくということですね
見て変化があるかを見つけるという感じですか

158: 投稿日:2015/08/26(水) 00:26:10.36 ID:fXMIAflO.ne

>>157
新足は日足以上しか見ませんよ。
トレンドをメインで見るのに常に表示してるのが1時間と5分。
1分は転換の先の先で入る為に転換所の確認と仕掛けの為にサブ表示です。
上手い人は5分も見ないでしょうが、自分はまだダメですね。
1分で仕掛けられると損切り幅は数pipsで済むのと、急な値動きに強いのが利点です。
5分だと値動き荒いときは、髭先反発確認してさらに転換確認というのが
ザラにあるので、だいぶ揉み合いで入ることになります。
高みの見物でいたほうがストレスも少ないので。

229: 投稿日:2014/12/05(金) 01:04:38.53 ID:dgQlXd2U

プライスアクショントレード入門を読んだ人に聞きたいのだけども、
P50の「トレンドラインがブレイクされて~」のところなんだが、これ何を言っているかよく分からん。
誰か助けてくれ…。

読んでいると言い回しに対してどんどん懐疑的になって、最終的に理解できねぇ…。


231: 投稿日:2014/12/05(金) 02:18:45.17 ID:5ZCtTDP0

>>229
原書で該当するらしきところを訳してみた

強いトレンドで逆張りするときはまずトレンドラインをブレイクをするのを待って、
その後に直近の最安(高)値をテストしに行った反転足が出るまで待たなければ、
利益になるトレードになることは少ないだろう。
1分足はトレンドに対しての仕掛けに使われるからエントリーには使わないように。
損失は少ないかもしれないが5回のトレードで4ティック負ければその日は負け越しで終わるだろう。
(紙で手を切って出血死するようなもんだ)

234: 229 投稿日:2014/12/05(金) 18:22:52.82 ID:dgQlXd2U

>>231
ああ、そこの反転足ですか。
Wトップ(ボトム)になるかもしれんから、確認しとけよって事ね。
トレンドをブレイクする前の、チャネルライン側に出た反転足かと思っちゃったよ…。
サンキューです。

反転足が極致を試す、という表現が妙に引っかかってさ…。
反転足そのものの極致かと思ったり…。

レッグとかスイングの単語もちゃんと理解出来てないw
用語集の説明も辛いわー。

865: 2016/05/03(火) 16:00:58.30 ID:hpv3qZnZ

そもそも、サイクル論の定義に従えば全てのトレードはたった4種類しかない

1 オールウェイズインのトレンドフォロー(ポジショントレード)
2 スイングトレード
3 ブレイクアウト
4 オーバーシュート時の逆張り

上のものほど保有期間が長く勝率が低い
下のものほど勝率は高いが保有期間は短い

今の相場にどれを使うのか
相場環境と合わせていくのがトレード